山本 国義 の苔産業の創造PJ

苔産業の創造
で江津を潤す

苔を、地域の新たな産業に。

人口減少や雇用の問題など日本中の地方都市が抱える問題を、
私たち江津市も抱えています。

私たちに何ができるのか。

そう考えているときに
出会ったのが、苔の栽培。

ドクターリセラ株式会社の二村さんが
取り組んでいた苔の栽培をみて
これは新たな農業として
可能性があるかもしれない‥

そこから、江津市の
苔プロジェクトは動きだしました。

苔なんてどこにでもあるし、
苔が売れるのだろうか‥

正直、最初は半信半疑でした。

苔はどこにでもあるし、誰が買うのだろう?

野菜や花卉と同じような値がつくのだろうか?

しかし、よくよく調べてみると、
非常に需要があることがわかってきました。

造園用の苔もしかり環境意識の高まりから、
屋上や壁面緑化にも苔が使用されていました。

また、盆栽や苔玉などの趣味の世界にまで幅い広いニーズがある。

逆に、本格的に苔を栽培から販売まで行っている会社は少ないし、地域を挙げて産業にまでしようとしている地域はない。

江津に苔産業を本気で興す。

それならば、本気で取り組み
一番目の地域を目指そう。

それが、52 KOKE PROJECT です。

まだまだ、プロジェクトは始まったばかり。

だからこそ、私が挑戦する意味がある‥
そう考えています。

52 KOKE PROJECT

江津市農林水産課 山本 国義 ( やまもと くによし )

江津市農林水産課。彼の存在が、52 KOKE PROJECTの屋台骨を支えている。


© 52 KOKE PROJECT. All rights reserved.